ビール祭やで!

三条会商店街といえば、なんといっても5月のビール祭。日本中の醸造家が集まる大イベントなので、ハロウィンの渋谷なみに混雑します。

そのビール祭でローンチするべきは、どう考えてもビールジェラート。

実は、私・・・・アルコールジェラート得意なのです。

会社にも誰にいなくなり、秘密のレシピを展開するにはうってつけ。だーれもしらない秘密の素材をいろいろ持ち込み、試作してみました。

会社にはビールがないので、近くのコンビニへ。黒いスタウトビールが欲しかったのですが、どうもこの辺の人は黒を飲まないようで入手できず、仕方ないので黒ラベルで代用。

なんと、プレマルシェ・ジェラテリアにはアイスクリーム研究機関くらいしか持たないであろう、試作専用の小型機があります。この試作機、なんと80万円もするのですが、無駄な試作で食べものを捨てたくないという気持ちから、街のジェラテリアとしては贅沢すぎるのですが、買ってしまいました。

※プレマ株式会社の目指す>>食品破棄ゼロ運動

少量で試作を繰り返すことができるので、いくらでもレシピ改良にチャレンジでき、しかも捨てる食材はほぼなし。最近はどうしようもない駄作ができることは少なく(以前はありました)、そこそこうまくいっていればプレマルシェの上にある会社のメンバが仕事中に食べる、もしくはお持ち帰りしてくれますので、捨てることは相当なくなりました。

もちろん、お客様に販売するジェラートで素材の調合間違いや、とんでもない味の果物が来たりすると、どうしようもなくて捨てることはあるにはあります。超高値の冷凍宮古島産マンゴーはなんとキュウリ味、和歌山産イチゴは極端な糖度不足で味も香りも最悪ということがありました。ものすごく高いので、正直返品したいのですが、生産者をいじめても仕方ないので、涙を飲むわけです。

どこから買うと外れをつかまされるのかよく分かってきたので、仕入れの失敗もかなり減りました。(決して宮古島産マンゴーや和歌山県産イチゴがダメなのではありません、あくまで特定の製造元がいわゆる規格外品やおいしくない品を、分からないだろうと冷凍品に入れているに過ぎません。)売るどころか、スタッフもまずいまずいの連続で、こういうときにはごめんなさいをします。

どんどん話しが膨らみましたが、黒ビールならぬ黒ラベルにオレンジや有機レモンを加え、様々な魔法を加えて試作機へ。

DSC_4793.JPG

じっと眺めて待つこと8分・・・・は無理で、ついスプーンを入れて味見、味見。

DSC_4795.JPG

ちょっと、酔ってきた頃に試作完了。

バットに入れ、加速冷凍をすすめつつ、試作機の回転体にべっとりとへばりついたビールジェラートをいただきました。日本人がこの機械作ったとしたら、もっと上手に作るだろうな、等と思いつつ、イタリアの超アナログなマシンの細部をスプーンで掃除、掃除。

DSC_4798.JPG
あくまで味見です!

すみません、申し訳ないけれど、おいしすぎます。

もしこれが、黒ラベルではなくて、黒ビールなら、絶対もっとおいしい!

 

ということで、超おいしいので、たぶんビール祭では1時間もしないうちに完売かと思いますが、もっとバリエーション増やしていろいろご提案します

BEYOND ”FOOD BARRIER”!の精神は、食に制限がある方だけでは決してなく、お酒好きな皆さんにも開かれているのです。人生、楽しんでなんぼ!ですわ。

どうぞビール祭をお楽しみに!

※京都なら「ビール祭やで!」ではなく「ビール祭どす」と違いますか? と言われそうなのですが、

京都ではそんなに「どすどす」いうたあぁらしまへん。観光地やら、お寺さんの門前町とかにいかはったら、たしかにそんなんゆーてはりますなぁo(^-^o)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中