日本一のフードバリア・フリー店に向けて

投稿日:

今日、私がいるからと来て下さったお客様、申し訳ありません。ものすごくたくさんのお客様にお越しいただき、営業6時間で300名弱のご来店をいただきました。すぐ行列になってしまう状態で、せっかくお話しをしていたお客様、途中でお話しできなくなってしまい、にほんとうに申し訳ありませんでした。

IMG_0892.JPG

神奈川県横浜市からお越しいただいたお客様、2日連続でお越しいただきました。「もう帰ってしまうので名残惜しく」と、ありがたい言葉をいただきました。

もっと嬉しかったのは、このお客様から「ジェラートが好きでいろいろなところで食べているけれど、どことも比較にならないくらいおいしいです。」というお褒めをいただきました。残念なことに日本におけるジェラートは、既製品のインスタントフレーバーを使うことが主流で、全ての素材を一つ一つ吟味し、組み立てて丁寧に作る、というのは少数派です。確かに同じように真面目に取り組まれている諸先輩方には素晴らしい味を提供されているのですが、正直、多くはありません。

弊社は沖縄県宮古島市で専任スタッフを置いて無農薬の農業生産をやっているのでよく分かるのですが、一般論として農業関係には莫大な補助金が支給されていて、その補助金でジェラート製造器を買って村おこしに、という大きな流れがあります。

私たちプレマ株式会社は1円の農林水産省、経済産業省からの補助金も受け取っておらず、お金をもらって国の意向のために何かをする、ということは一切やっていません。流行の何かを忖度(そんたく)する、または忖度を求める必要はなにひとつありません。また、弊社は牧場経営はしていませんので、いかに最高の素材を手に入れて、最高の組立にしてご提供するかがすべてで、打算の余地がないのです。打算すれば、すぐにお客様にばれてしまうという緊張感の中でジェラートに取り組んでいます。

明日、いよいよ追加24フレーバーを格納できるショーケースが届きます。外装は一切装飾されずに入ってきますので、実際に40フレーバーをご提供できるようになるにはしばらく時間がかかりますが、そのうちの半分がノンミルクやヴィーガン対応のフレーバーというのは日本では前代未聞です。欧米の方からもすでに「自国にも、こんなにノンミルク・ジェラートがある店はないので、ニューヨークやロンドンに出店してください」とご要望をいただきます。

準備が整い次第、日本一のノンミルクジェラート店として正式オープンとなりますので、全力疾走で「ここに来る誰もが、子どものような笑顔になれる場所」を目指してがんばります。私がほんとうに望んでいることは、どんな国籍、どんな民族、どんな思想、どんなアレルギー、どんな病気、どんな食物制限がある方にも食べることができるジェラートがある店であり、心の薬としての良質なスイーツを提供して、世界平和に寄与することなのです。

1件のコメント 追加

  1. cocoichi より:

    いつも憧れの気持ちを持って読んでいます。早く食べに行きたいです。読んでるだけで美味しいのが分かります。今、わたしは目標を立ててそれを達成できたら晴れてプレマルシェさんに食べに行こうと決めて頑張っているところです。かつてないくらい前向きな気持ちで頑張れてます。所詮食いしん坊だったんだな〜わたしww

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中