笑顔になれる場所

投稿日:

理想論と笑われそうですが、私たちのジェラート、そしてお店は、「世界で一番笑顔になれる場所」になりたいと願っています。

心を込めて最高の素材でジェラートを作ることはもちろんですが、世界中からお越しになるお客様は、食べものに制約がある方も少なくありません。私は、単なるジェラート屋がやりたくてこの仕事を始めた訳ではありません。アレルギーであれ、食物制限であれ、宗教上の理由であれ、どんな理由でもあっても笑顔になれるジェラートが必ず存在している、そんなジェラテリアを目指しています。

今日も、記憶しているだけでイギリス、合衆国、ベトナム、ノルウェー、オーストラリアからのお客様をお迎えしました。多くの外国のお客様が私の最も丹精を込めて織り上げた「瑞穂の国の誉=100%米だけでできたジェラート」を選んでいただいています。どんな食志向の方であっても平等に食べることができるフレーバーが、日本人の源泉の「米」であるということは、どんなに素晴らしいことでしょうか。

DSC_0352.JPG

恥ずかしながら、私には一切の飲食業経験がありません。なので、手抜きの仕方はわからないのです。46歳になってから、ジェラートの世界に踏み出すと決めたとき、何のノウハウもありませんでした。そこにあったのは、今まで取り組んできた自然食についての20年の経験をフルに活用すること、そして、ジェラートで一つでも多くの健康と笑顔を作り出すという決意でした。

 

何の経験もないからこそ、できる常識ではないこと、当たり前ではないことができると考えています。それが、日本ではまだ珍しい特殊な素材によるレシピの組立であり、理想論かもしれませんが、笑顔を作る場所にするということに対する情熱です。

ジェラートがパッションなのではありません。ジェラートを巡る人の笑顔に情熱を注ぎたいと思っています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中